いぶきのひよポケオタトーク

基本的にはとあるポケサーのオタクの一人語りです

ただのアニメオタクの語り

どうもいぶきです、久しぶりの更新になります

はてながブログ更新しろって催促してくるのでさすがにしなきゃなぁ、って思ったので書きます。

今回のテーマは「僕の好きなアニメ作品TOP5」です。そう、ただのオタクの好きの殴り書きになります。それでも良いという方はどうぞ。

 

第5位

月が綺麗

f:id:Ibuki_poke:20200808222553j:image

純愛アニメ。川越を舞台に中学生の等身大の恋を描いた作品。物語が全体的に美しい。作画、心理描写、キャラクターたちの魅力、何もかもが尊くて美しい。

この作品の魅力はなんと言っても登場人物の中学生たちが普通の子達だということ。変な能力者でもなく、ツンデレだとかクールだとか雑なキャラ付けもされておらず、現実世界にいたとしてもおかしくないような人達ばっかり。主人公もヒロインもあまりにも可愛かったので見ながら胸が痛かったです。僕もこんな青春を送りたかった(男子校)。

舞台が川越で、作品内にも川越まつりとか名物のいも恋とかが出てくる。春休みに相棒のKTくんと一緒に聖地巡礼してきました。いい場所だったね、川越。

 

第4位

Fate/Apocrypha

f:id:Ibuki_poke:20200808223524j:image

数多くあるFateシリーズの外伝作品。通常の聖杯戦争が7人のマスターによる聖杯の奪い合いなのに対し、今作では例外的に7人の黒のマスター対7人の赤のマスターの二陣営に別れた聖杯の奪い合い、聖杯大戦が舞台。

この作品は放送当時は賛否両論あって、好きな人と嫌いな人で両極端だったけど僕はとても好き。普通のFateシリーズとは作風が違うためだと思うが、聖杯大戦の参加者が多い分魅力的なキャラクターも増えて、そのうえでちゃんと各キャラクターを掘り下げていたから各登場人物たちにも惹かれていく。Fateの他の作品を見たことある人は「これはFateじゃねぇ!!」っていう気持ちをおさえてみてほしいし、これを機にFate作品に入るのも悪くは無いのではないかと思う。

この作品のキャッチフレーズが「これは人間が願いを叶える物語」と言うだけあって、1人の少年が成長する物語を全25話で表現している。主人公の少年は人間ではなく、寿命が約3年しかない産まれたての人造人間。その主人公が人としての価値観や感情を獲得し、最終的に一人の人間となる。その道のりがかっこいい。

ちなみに僕のFateシリーズ一番の推しもこの作品に「赤のセイバー」として登場していて、その子もまたかっこいい。

 

第3位

機動戦士ガンダムOO

f:id:Ibuki_poke:20200808225415j:image

数あるガンダム作品の中の1つ。ガンダムの予備知識が0の状態で見て僕の好きなアニメランキングを塗り替えた作品。

世界が3つの国家に別れている西暦2307年を舞台に、主人公が所属する「ソレスタルビーイング」なる組織が世界の戦争撲滅をめざし、高性能モビルスーツガンダム」を利用して武力介入をしていく物語。

戦争というテーマにも関わらずストーリーがとても美しい。戦争撲滅による世界平和を願っているのにもかかわらずその手段が武力介入と言う戦闘行為だという矛盾。ソレスタルビーイングガンダム4機に乗り込むガンダムマイスター達の壮絶な過去と戦争に対する思い。世界各国の軍人達の戦争に対する考え方。その全てがぶつかり合う時に、悪人という悪人が一人もいないと言うところがまた面白い。ガンダムの予備知識がなくても楽しめる作品なのでロボット作品に抵抗がないなら是非見ていただきたい。第1シーズン、第2シーズンを見るだけでも完成度が高いのに劇場版があまりにも素晴らしすぎて見終わった時に思わず拍手をしてしまった。

 

第2位

風が強く吹いている

f:id:Ibuki_poke:20200809100358j:image

スポーツアニメ。大半が陸上素人で構成された陸上部がみんなで箱根駅伝出場を目指す話。

一見バカげている挑戦で、集団の数少ない陸上経験者である主人公も作品内で箱根駅伝出場の難しさを語っている。しかしご都合展開を使うことなく、全メンバーの肉体的、精神的成長により彼らが少しづつ目標に近づいていくのが見どころ。一人一人が箱根駅伝と言う未知の世界に対してどのような思いを抱いているのか。スポーツアニメに偽造された人生アニメ。料理一品頼んだつもりがフルコースが出てきて、それが適量で且つうまい、そして値段が変わらない、そんな感じ(?)。最終話があまりにも熱すぎた。

 

第1位

宇宙よりも遠い場所

f:id:Ibuki_poke:20200809100406j:image

お ま た せ

僕のことを知るオタクなら僕がどれだけこの作品が好きか知っているだろう。4人の女子高生が南極をめざし奮闘する話。

まず高校生が南極を目指すというぶっ飛んだシナリオ。どうやって行くのか、という所から始まり、どうして行くのか、行って何をするのか、行った結果何が起こったのか、その全てが面白い。手段こそ一見ご都合展開に見えなくは無いものの、それが気にならないくらいそれが物語の一部となり、また作品のテーマに干渉してこない。この旅を通してこの女子高生4人がどう成長するのかというのをぜひみんなにも見届けて頂きたい。そしてこの作品は一周しただけでは気づけない細かな演出が所々に散りばめられているので何周でもして欲しい。

 

 

いかがでしたかね。ネタバレはしたくなかったのであまり深くは語れなかったけど全部いい作品だからそれだけは保証する。もちろんこれ以外にも好きな作品はいっぱいあるからこれを読んでる皆さんの好きな作品がここに入ってないからって怒らないでね

では次回更新日まで、いぶきでした!

サムネ用

f:id:Ibuki_poke:20200809143021j:image

超絶個人的なお願い

f:id:Ibuki_poke:20200415081604p:image

とうとう発表されてしまいました……

f:id:Ibuki_poke:20200415084009p:imagef:id:Ibuki_poke:20200415084038p:imagef:id:Ibuki_poke:20200415084056p:image

高校二年の五月から始めて約三年間、僕を魅了してくれたこのららマジというゲームが今年の6月3日にサービスを終了することが決定しました。現在は追加課金すらできない状態になっていて、今その3年半の歴史の幕が下りようとしています。本当に僕に多くの物をくれた僕の中では大切な作品であり、青春です。運営の皆様残り2か月頑張ってください。最後まで楽しませていただきます

 

さて、ここからが本題です。
このブログを読んでくれた方にお願いです。どうか、このららマジというソーシャルゲームをインストールしていただき、遊んでいただきたいのです。現在この作品を愛するファンたちの間でアプリのオフライン化の希望の署名を集めていたりと、我々の間でもやれることはやっているのですが、サービス終了することはもう変えることのできない事実です。ラノベや漫画、アニメなどが終わっても「物」として残るのに対し、ソーシャルゲームというものはサービスが終了してしまうとその時点でこのゲームのデータはすべてなくなってしまいます。メインストーリーが完結していない今、それは僕たちからすればあまりにも悲しくてもったいないことです。

ですので僕からのお願いです。もし、このブログを読んでくれた方の中に時間とスマホの容量に余裕のある方がいたら、ぜひこのららマジというゲームをプレイしていただきたい。こんな素晴らしい作品がこの世から消えてしまう前により多くの人に存在を知ってほしい、その思いで僕はこれを書いています。

f:id:Ibuki_poke:20200415084128p:imagef:id:Ibuki_poke:20200415084329p:imagef:id:Ibuki_poke:20200415084323p:imagef:id:Ibuki_poke:20200415084318p:image

現在ららマジは毎日のログインボーナスとして6月3日まで石を2500個(11連には4000個必要)配布しており、排出されるカードも全て最高レアという大変始めやすい環境にはなっています。メインストーリーだけでも構いません。攻略が終わったらサ終前であってもアプリごと消していただいてもいい、そこは皆さんの自由です。でももしこの作品が少しでも皆さんの中に響いてくれたのなら、こんな世界があったんだということを心の中に留めておいてくれればと思います。どうか僕が愛した世界と女の子たちのことを知ってください。よろしくお願いします。

f:id:Ibuki_poke:20200415084601j:image

 

IOS

https://apps.apple.com/jp/app/id1183130725?t=1586963275429

 

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.wrightflyer.honyararamagic

 

 

 

ららマジ聖地巡礼〜ついに夕陽を捉えた!〜

いぶきです

今回はららマジの聖地、東京都東大和市への5回目の訪問のお話です。

 

まずららマジとは。僕が大好きなスマホゲームです。詳しく書いてしまったらブログ一ページ分ほどになってしまうので僕の過去記事を読んでください。

 

ibuki-poke.hatenablog.com

 

ibuki-poke.hatenablog.com

 

 

巡礼編

今回は前回、10月13日に続いて五回目の東大和市訪問でした。もちろん狙いは多摩湖の夕日写真。

f:id:Ibuki_poke:20191013205846j:plain

イメージはこんな感じ

それではここで過去の写真を見てみましょう。

 

一回目(去年の三月)

f:id:Ibuki_poke:20191013210646j:plain

 

二回目(去年の五月)

f:id:Ibuki_poke:20191013210742j:plain

 

三回目(去年の八月)

f:id:Ibuki_poke:20191013210936j:plain

 

四回目(去年の十月)

f:id:Ibuki_poke:20191013212423j:plain

 

ことごとく失敗してまいりました。なぜか僕が行く日は高確率で曇るんですよね。そのせいでいまいち満足のいく写真を撮ることができませんでした。

 

今回は僕の友人を含めて合計四人で行ってまいりました。昼にいつも通り東大和市駅で集合。それから歩いていきつけの喫茶店(今回で訪問二回目)、「Cafe de 幸右衛門」で軽くお昼ご飯兼昼食。とても居心地のいい喫茶店で、前々回の訪問時に来て以来気に入ってます。普段はスタバにすら行かない陰キャ大学生なのになぜこの場所には惹かれてしまうのか、謎です。抹茶の豆乳チーズケーキおいしかったです。

f:id:Ibuki_poke:20200320231143j:plain

f:id:Ibuki_poke:20200320231145j:plain

f:id:Ibuki_poke:20200320231140j:plain

Cafe de 幸右衛門 お茶屋さんもある



 

さて、そこから歩いて多摩湖へ。今日は天気予報も晴れ、きっと大丈夫なはず。 

そして取れた写真がこちら!

f:id:Ibuki_poke:20200320231343j:image

凄くないですか!? めちゃくちゃ綺麗じゃないですか!? これ肉眼だともっと幻想的で綺麗だったんですよ!! スマホのカメラだと限界があって悲しい……。

f:id:Ibuki_poke:20200320232207j:plain

出演:推しの綾瀬凜

f:id:Ibuki_poke:20200320232211j:plain

f:id:Ibuki_poke:20200320232214j:plain

f:id:Ibuki_poke:20200320232204j:plain




終わりに

いかがでしたでしょうか。今回僕が撮影したのはこんな感じです。この夕陽を取るために何回も出向いた東大和市ですが、今回とうとうきれいな夕陽を撮影することに成功しました。

でもここで満足はしてません。もうちょっとスマホカメラの範疇できれいな写真が取れないか勉強したうえでもう一回、写真を撮りに行きたいと思います。

東大和市はとても雰囲気がいい場所で、ららマジの聖地であるという点を除いたとしてもとてもいい場所だと個人的には思っております。観光地ではないですが、時間が余った時にはふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょう?

 

それでは次回更新日まで、いぶきでした!

f:id:Ibuki_poke:20200320233925j:image

 

いぶきが選ぶ長期期間一気見アニメ

大好きなのはひまわりの種、いぶきです

コロナウイルスによる外出自粛令がある中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。このブログを読んでいるであろう多くのポケモンサークル所属の大学生達は多くの交流会やオフ会の予定を狂わされて、家でただ1人ランクマッチに明け暮れたり、ポケモンカードの一人回しにそろそろ飽きてきたり、そんな感じではないでしょうか?

有り余る時間、心の中は虚無。なんともったいない。

そこで誠に自己満足ながら皆さんに、こんな長期に渡る暇な時間を潰すためのアニメ作品を何本か紹介したいと思います。ぜひ厳選作業やデッキ構築に疲れた時にはこれらのアニメを見ながらより深く、日本のポケモン以外のサブカルチャーに触れてみてはいかがでしょう。

 

※感想、評価はあくまでも主観と自分の好みです
※今回は長期虚無期間に見るアニメということで二クール以上あるもの、もしくは第二期があるものを紹介していきます

 

作品紹介

ポケットモンスターXY(&Z)

f:id:Ibuki_poke:20200311125418j:plainf:id:Ibuki_poke:20200311125934j:plain

全140話(XY:93話、XY&Z:47話)

ポケモンのアニメの第六作目のシリーズ。サトシが新しい仲間、シトロン、セレナ、ユリーカとともにカロス地方を冒険する物語。去年の三月に一週間かけて一気見した作品。

まずサトシがかっこいい。ちょいちょいほかのアニメシリーズ見てたけどこの作品のサトシが僕の中では断トツでかっこいい。そしてほかのみんなもちゃんとキャラクターに芯があって魅力にあふれている。全話通してみる四人のそれぞれの成長も見ていて胸にくるものがあった。

そして作画がとてもいい。ポケモンリーグの準決勝、決勝ともにバトルの作画が気持ち悪いほどきれい。そして熱い。語彙力がないのが悔しい。

 

宇宙戦艦ヤマト2199&2202

f:id:Ibuki_poke:20200311132047j:plain

全52話(2199:26話、2202:26話)

誰もが知っているであろう二本のSFアニメの代表作。2199年、地球はガミラス帝国なる他の星の人類からの攻撃を受け荒廃していた。その地球を救う装置、「コスモリバース」を受け取るために主人公古代進とその他乗組員たちが「宇宙戦艦ヤマト」に搭乗し遥か彼方にある惑星「イスカンダル」を目指す物語。

昭和から人気がある作品なだけあってストーリーがとても面白いし、ないより熱い。話と展開が熱い。特に2199第18話、2202第17話の宇宙大戦が個人的なお気に入りで、スター・ウォーズシリーズとは全く違う日本風のスペースバトルが展開されていてとてもかっこいい。一番好きな戦艦はアンドロメダです。

f:id:Ibuki_poke:20200311135046p:plain

前衛武装宇宙艦AAA-1 アンドロメダ


涼宮ハルヒの憂鬱

f:id:Ibuki_poke:20200311135654g:plain


全28話(ここでは二期について触れる)
誰もが聞いたことがあるであろう超がつくほどの有名作。ごくごく普通の高校生主人公キョン涼宮ハルヒという少し変わったクラスメートに振り回される物語。最近の深夜アニメの原型と言われていて、萌え、異能、学園という三要素が全部入っているアニメは放送当時少なかったらしく爆発的にヒットした。

今どきのラノベに比べてストーリーがとてもシンプルでいろんな人が見やすいと思う。でも逆に今どきのラノベになれてる人には少し物足りないかもしれない。面白いけどハルヒの性格が結構狂ってるから苦手な人は苦手かもしれない。学園祭の回のバンド演奏の作画がすごい。

 

魔法少女リリカルなのはシリーズ(無印、A's、StrikerS、Vivid、Vivid Strike!)

f:id:Ibuki_poke:20200311230822j:plain

 全76話(無印:13話、A's:13話、StrikerS:26話、Vivid:12話、Vivid Strike!:12話)

王道な魔法少女物語。自称平凡な小学三年生、高町なのはがひょんなことから魔法少女になり、世界を救うお話。いろんなシリーズを通して様々な出会いや別れを重ねることで成長していくなのはを描いている。この作品内では魔法がファンタジーというよりは少し化学チックに描かれていて、魔法を使用する際に用いる道具(デバイス)もデザインがメカメカしい。無印からStrikerSまではなのはがメイン主人公として物語が展開されていく。

またVividではなのはの娘、ヴィヴィオが主人公となり、作品の雰囲気もガラッと変わっていくのも面白い。そしてVivid Strike!になると今まで各々の作品についていた冠詞「魔法少女リリカルなのは」がなくなり(作中になのは本人が登場しないためだと思われる)完全な新キャラクター、フーカを主人公として物語が展開されていく。一応VividとVivid Strike!はつながっていることにはなっているが、Vividがマンガ主体であるためにアニメ内で完結していないにもかかわらず、Vivid Strike!はVividは完結した後の話から始まるのでアニメしか追ってない人からするとかなり混乱する内容となった。(しかもVivid Strike!放送当時は漫画版Vividも完結していなかったため原作を追っていてもよくわからないことになっていた)

一人一人のキャラクターに魅力があってストーリーも面白いのでぜひ見てほしい。

 

ふたりはプリキュア

f:id:Ibuki_poke:20200312000909j:plain

全49話

誰もが知ってる女児向けアニメ「プリキュア」シリーズの記念すべき第一作目。ひょんなことから伝説の戦士、プリキュアに変身できるようになった二人の中学二年生、なぎさとほのかが妖精のミップルとメップルとともに悪の勢力ドツクゾーンと戦うお話。コンセプトは「女の子だって暴れたい」

制作スタッフにドラゴンボールの先頭作画担当者がいたりして、魔法少女物とは思えないかなり近接的な肉体戦闘が魅力。ラクロス部に所属しているなぎさが動き回れるのはわかるが科学部のほのかまでもがあり得ない体術で動き回ってるのはさすが初代と言わざるを得ない。初代最強伝説はここから始まるのである。

そして戦闘シーンはもちろんだが日常パートも魅力にあふれている。中学二年生としての友情や恋の悩み。二人の主人公の間のすれ違い。全話通してみるとこの作品が「魔法少女のバトルアニメ」ではなく「ふつうの中学生の変わった日常」を描いたアニメだということを感じる。一回騙されたと思ってみてほしい、とてもおすすめ。

 

戦姫絶唱シンフォギアシリーズ(無印、G、GX、AXZ、XV)

f:id:Ibuki_poke:20200312003432p:plain

全65話(各シリーズ13話ずつ)

女の子たちが歌を力に変える「シンフォギアシステム」を使って認定特殊指定災害「ノイズ」に対抗する物語。キャッチフレーズは「少女の歌には血が流れている」。

おそらくは魔法少女物なんだろうけど自分でも言ってて「ほんとか?」ってなるくらいこの作品について書くのは個人的に難しい。登場人物たちがシンフォギアをまとって変身した後のすがたはとてもかっこいいし、物理法則を無視した武装の変形ギミックがあったりして特撮が好きなら間違いなく好きになる。そして子供がメインのアニメとしては珍しく大人たちがかっこいい。本当にかっこいい。ただ唐突に歌いだして戦闘を始めるからその文化になれるのに少し時間がかかるかもしれない。

第一期と第二期はすごくおもしろいけど第三期と第四期は正直少しダレた印象。でも第五期が面白いうえにオールスターズな作品なので全シリーズ見た方がいい。展開が王道で熱いのもまたこの作品の魅力。

 

Fateシリーズ(stay night、stay night Unlimited Blade Works、Zero、Apocrypha、etc.)

f:id:Ibuki_poke:20151226223847j:plain

 話数:とにかく多い

今となってはソーシャルゲームFate Grand Order」の影響もあって知名度は高いコンテンツだが、アニメとなるとどこから手を出していいのかわからない人が多いシリーズ第一位(当社調べ)。

大まかな話はこんな感じ:「万能の願望器である『聖杯』を呼び出すための『聖杯戦争』という儀式がある。その聖杯戦争では七人の魔術師たちがそれぞれ過去や未来の英雄を『サーヴァント』と呼ばれる使い魔の形で呼び出し戦わせる必要がある。彼らが戦いあうことで聖杯は出現し、最後に生き残った者が聖杯で願いを叶えることができる」。かなりかみくだいて書いてるのでたぶんFateガチ勢に怒られるけど大雑把にはこんな感じ。

元々の第一作目が「Fate/stay night」。主人公衛宮士郎がある日聖杯戦争に巻き込まれてサーヴァント、セイバーとともに儀式を戦い抜くお話。「Fate/stay night Unlimited Blade Works」はこの第一作目のアナザーエンディング。「Fate/Zero」は士郎の育て親、衛宮切嗣が士郎たちの聖杯戦争の十年前に行われた聖杯戦争で戦った様子を描いた作品。「Fate/Apocrypha」はかなり異質で、合計14人の魔術師が7vs7の二陣営に分かれて一つの聖杯を二つの陣営が奪い合う物語。ここに紹介して四作品以外にも外伝やスピンオフが数多く存在するので全部追うのは難しいと思う。迷ったらFate/stay nightから入るのがおすすめ。

登場人物一人一人の信念が濃く描かれてる作品なので登場人物の深みがすごい。そしてバトルアニメの中でもトップレベルのバトル作画を誇っているのがこのFateシリーズの魅力の一つ。FGOはおすすめしない。

 

風が強く吹いている

f:id:Ibuki_poke:20200312011331j:plain

全23話

寛政大学の学生寮、竹青荘に住む陸上素人十人が本気で箱根駅伝を目指す物語。

ガ チ で 神 ア ニ メ。僕がいろんなところで散々推している「宇宙よりも遠い場所」の次に好きなアニメ。キービジュアルを見てもわかるように、メイン登場人物が全員男だから腐向けかと思ったらそんなことはない。おそらくジャンルとしてはスポコンだと思うがこれはスポーツアニメというより人生の教科書。それくらい濃い23話になっている。十人全員がそれぞれの悩みやつらい過去を持ち、それをみんなが乗り越えて一つのチームになっていく姿は心が震える。

第一クールOP「Catch up, latency」(UNISON SQUARE GARDEN)もとてもいい曲。特に作品を通して聴くと鳥肌が立ってくる。

 

 

終わりに

いかがだったでしょうか(やり切った感)。ここでは僕が特にほかの人におすすめしたい作品を上げさせてもらいました。作品によって記述量が違ったりしますがどれも面白いのでぜひ時間があったら見てください。

ニダンギルを救いたい

ぴーんぽーんぱーんぽーん

 

※このブログには以下のものが含まれません

・考えに考えた環境考察
・あらゆるデッキに対する立ち回りの回答
・確実に勝利をもぎ取るデッキのレシピ

※このブログに書かれているのはただのファンデッキです。それでも受け入れられるという方は先へお進みください。

 

 

 

 

大好きなのはひまわりの種、いぶきです。
ひよポケの皆さんは合宿お疲れさまでした!初日の昼のスマブラ大会、夜のよりもい鑑賞、二日目朝のスマブラ大会、夜の人狼やワードウルフ、三日目の鎌倉観光と二次会カラオケ、何もかもが楽しかったポケモンサークルの合宿でした!

 

さて、本題に入りましょう。

今回はポケモンサークルらしく自分のデッキの紹介でもしようかと思います。ただのファンデッキなので気軽に読んでください、勝率は微妙です。

今回メインとなるカードがこちら:

f:id:Ibuki_poke:20190616214322j:plain

SM8a強化拡張パック「ダークオーダー」に収録されていたニダンギルでございます。
ポケモンの道具の数がお互いの盤面に増えれば増えるほど火力が上がっていくという非GXアタッカーですね。ポケモンカードを始めたときからずっと使い続けてるカードです(THCでのメルカリザシアン?そんなのは知らん)

自分の盤面だけで最大火力180をダブル無色エネルギーやトリプル加速エネルギー一枚で撃てるのでまあまあ強かったのですが、昨年12月から新レギュになり、このデッキの重要パーツの一枚であるダブル無色エネルギーがレギュレーション落ちしてしまいました。それにより、このデッキを泣く泣く手放すとともに、ポケモンカードを引退していました。

 

 

し か し

 

そんなところに現れて、このニダンギルに新たな希望を与えてくれたのがこのカードです

f:id:Ibuki_poke:20200219115347j:plain

s1a強化拡張パック「VMAXライジング」に収録されたこちらのカード、「ツインエネルギー」です。

このカードが見た瞬間ほとんどの人たちは「ロストマーチの復活だー!」とか「よるのこうしんがより安定する……?」という風に考えたのではないでしょうか。しかし僕は違います。これを見た瞬間僕はニダンギルの時代が来たと確信したのです。

 

 

デッキ解説

 

それでは本題であるデッキの方へと移りましょう。
デッキレシピはこんな感じ

f:id:Ibuki_poke:20200219120144p:plain

では一枚一枚解説していきます。

 

ポケモン

ニダンギル

f:id:Ibuki_poke:20190616214322j:plain

前述したとおりです。強い。好き。

 

ヒトツキ

f:id:Ibuki_poke:20200219120445j:plain

こちらもVMAXライジングに収録されたカードです。このカードがほかのヒトツキよりも優秀な点はこのカードが鋼タイプのカードであり、逃げるためのエネルギーが1だということです。エネルギーが1であることでこのカードで初手スタートして、さらにあ相手の場にアブソル(特性:あくのはき)がいたとしてもふうせんを付ければ逃がすことができます。そして鋼タイプであることによりサポート「ミカン」で後攻1ターン目にサーチできる対象となります。

 

ジラーチ

f:id:Ibuki_poke:20200219121001j:plain

一万年と二千年前からあらゆるデッキで使われているサーチ用カード。こいつもミカンの対象になる点が強い。

 

ザシアンV

f:id:Ibuki_poke:20200219121138j:plain

ミカンの対象となるドローソース。初手にこいつを連れてきて手札を補充したい。オドリドリGXとも迷ったがやはり鋼タイプであるところが強い。ふうせんを付けられればこいつでスタートしてしまったとしても逃げられるし、殴れなかったターンにこいつをバトル場に出すことで対面次第では相手のサイドプランを崩すこともできる。

 

ミュウ

f:id:Ibuki_poke:20200219121427j:plain

ピカゼクが環境に多いのと、インテレオンVMAXのベンチ狙撃が致命的なので採用。それだけ。

 

メタモン

f:id:Ibuki_poke:20200219121646j:plain

非GX、非Vのデッキの宿命として圧倒的にアタッカーが足りなくなるため、ニダンギル専用の進化元。

 

グッズ

クイックボール

f:id:Ibuki_poke:20200219122213j:plain

基本的にどんなデッキにも入ってるボール。 このデッキではミュウやメタモン◇を持ってきたり、また終盤で役に立ってくるカードです。

 

しんかのおこう

f:id:Ibuki_poke:20200219122413j:plain

旧レギュではニダンギルをサーチするのにハイパーボールに頼らなくてはいけなかったのがこれ一枚で済む革命の一枚。ニダンギルサーチ専用カード。

 

ふつうのつりざお 

f:id:Ibuki_poke:20200219122643j:plain

このデッキの性質上絶対にトラッシュからニダンギルを二枚、ヒトツキを一枚戻さなくてはならない。そのためのカード。三枚戻すためにこのカードを採用するのはあまりにも弱いがこれ以外ないのでしょうがない。レスキュータンカ返ってきて。

 

ポケギア3.0

f:id:Ibuki_poke:20200219124639j:plain

初手でミカンを引かなければ勝率が五割減るので必須。後半にはドロサポを引き寄せてもらう。

 

ぼうけんのかばん

f:id:Ibuki_poke:20200219125636j:plain

どうぐをサーチするためのカード。意外となくても耐えるので一枚だけ採用。

 

げんきのハチマキ

f:id:Ibuki_poke:20200219123843j:plain

火力を上げるための道具その1。相手のHPが30n+10の時(デデンネGX、ザシアンV、アルセウスディアルガパルキアTAG TEAM GX)これ一枚で届くようになる(ワンパンできるとは言ってない)。こだわりハチマキよりは頼りない。

 

エスケープボード

f:id:Ibuki_poke:20200219124239j:plain

火力を上げるための道具その2。基本的にはジラーチ専用。必死な時はほかのポケモンにつけたりもする。

 

しあわせたまご

f:id:Ibuki_poke:20200219124401j:plain

火力を上げるための道具その3。このカードのおかげでドロサポを少し削ることができて、旧レギュレーションで入れていたゼブライカ(特性:はやがけ)を入れなくてすんだ。
 

ふうせん

f:id:Ibuki_poke:20200219124843j:plain

火力を上げるための道具その4。ザシアンVとミュウにつけたい。たまにニダンギルヒトツキにもつく。万能。

 

サポート

ミカン

f:id:Ibuki_poke:20200219125112j:plain

このデッキのキーカードの一枚。初手で無理やり手札にひいて、ベンチにヒトツキ三枚、ジラーチ、ザシアンVを並べたい。それ以降はニダンギルに触るためのカードとして使ったり、クイックボールのコストとして使ったり。

 

マリィ

f:id:Ibuki_poke:20200219125340j:plain

ドロサポその1。シロナとの枚数のバランスに迷ったがこっちに落ち着いた。非GXデッキなので相手のハンドに干渉したい。正解なのかは知らん。

 

シロナ

f:id:Ibuki_poke:20200219125501j:plain

ドロサポその2。僕が大好きなカードの一つ。前述したとおり枚数のバランスはマリィとの択になる。

 

エネルギー

ツインエネルギー

f:id:Ibuki_poke:20200219115347j:plain

重要なカード。これ一枚でどうぐおとしを撃つことができる。

 

トリプル加速エネルギー

f:id:Ibuki_poke:20200219125854j:plain

進化ポケモンにしかつけられないうえターンの終わりに破棄されるがこれ一枚でもどうぐおとしが撃てる。

 

 

 

デッキの動かし方

・じゃんけんは必ず後攻。基本的に先攻でスタートするデッキが多いためそれは高確率で取れる。

・後攻1ターン目は頑張ってミカンを引き込む。ミカンを使ってベンチにヒトツキを三枚、ジラーチ一枚、ザシアンVを一枚並べる。サイド落ち等でヒトツキが取れなかった場合ニダンギルを取ってもよい。ミカンが引けなかったら基本負け。ふとうのつるぎを撃ってエンド。

・2ターン目はヒトツキニダンギルに進化させられるだけ進化させます。おそらく前の相手のターンでバトル場のポケモンが倒れているので空いたベンチスペースに対面に応じてミュウ、もしくはメタモン◇を置きます。このターンに道具を並べて殴れなかったら負ける。

・以降は毎ターン威力150以上で殴ることを心掛けながら、ニダンギルが倒されたタイミングでつりざおを使ってニダンギルヒトツキを1枚ずつトラッシュから戻すというのを2回繰り返します。

・あとは殴り続けるだけ。おわり

 

このデッキの強い点

・エネルギー1枚で殴れる。
・鋼鉄のフライパンやおおきなおまもりなどを相殺できる。
・相手の盤面次第では火力が伸びる。

 

このデッキの弱い点

アルセウスディアルガパルキアTAG TEAM GXのデッキに高確率で負ける。
ヒトツキが二枚以上サイド落ちするorサイドのヒトツキを回収できないと高確率で負ける

・どうぐが並ばなかったら負ける
・ワンダーラビリンス◇が張られたら負ける
・ぶん回っても勝率は大体50%前後

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。ひよポケがみんなガチデッキを考察してる中一人だけファンデッキを考察してるのは肩身狭いです。救ってください。

このデッキに対するアドバイス、感想、お待ちしております。気軽にリプやDMください。優しい言葉でアドバイスをくれると嬉しいです。厳しい言葉だと泣きます。

 

次回更新は未定です

 

それでは次回更新日まで!

いぶきでした!

チューナー杯 メトロノーム級

大好きなのはひまわりの種、どうもいぶきです
今回は2020/01/04にひそかに行われていた仲間大会的なもの、「チューナー杯 メトロノーム級」というものに参加した際の構築を紹介したいと思います。

f:id:Ibuki_poke:20200104234359j:plain

たいして面白くないリーグカード

 

チューナー杯 メトロノーム級とは?

僕のブログを読んでる人ならならほとんどの人が知っていると思います、「ららマジ」というソーシャルゲーム。その主人公の愛称が「チューナー」。そう、この大会あまたのチューナーたちと交流を深めるポケモン大会なわけです。今回ばかりは調律師の皆様もノートゥングをモンスターボールに持ち替えて、いつものように協力ではなく戦闘を繰り広げていたわけです。

そんな僕が今回の大会で使用したポケモンたちがこちら

f:id:Ibuki_poke:20200104234427j:plain

NNが表示されないの残念だったな~

好きなポケモンを使ったら見た目なかなかなガチパになってしまいました申し訳ない

 

個体紹介

それでは各ポケモンたちを紹介していきます。

f:id:Ibuki_poke:20200104234503j:plain

マッチャ
マホイップ@リリバのみ
アロマベール/おだやか/H244 B12 D252

うちのパーティのアイドル。特殊受けとして作った。肝心なところで急所引かれたりひるんだりとドジっ子属性付き。可愛い(勝てない)

 

f:id:Ibuki_poke:20200104234945j:plain

アイギス
アーマーガア@ごつごつメット
ミラーアーマー/わんぱく/H252 A4 B252

うちのパーティの盾。典型的な奴。物理受け。ごつメ諸説すぎる。物理相手に投げるだけで強いから強い。硬い。

 

f:id:Ibuki_poke:20200104235153j:plain

ヘルシオ
ヒートロトムきあいのタスキ
ふゆう/ひかえめ/H252 C252 端数は忘れた

「タイマーボールにすればレンチンできた感じになるよ!」と言われ分けてもらったロトムから孵化させた電子レンジ。こいつがパーティに入った瞬間いろいろ楽になった。

 

f:id:Ibuki_poke:20200104235503j:plain

アンドロメダ
ドラパルト@じゃくてんほけん
クリアボディ/わんぱく/H252 B252 S4

某宇宙戦艦に似てたからアンドロメダ。ドラパルトの同速勝負がいやすぎて作った変態型。ダイマックスしなくてもドラパルトの特化ドラゴンアローを耐える(いのちのたま?そんなものは知らん)。

 

f:id:Ibuki_poke:20200104235857j:plain

バンギラス
バンギラス@たつじんのおび
すなおこし/ひかえめ/H252 C252 端数は忘れた

今までいろんなバンギラスを作りすぎたせいでまだ名前が確定していない特殊バンギラス。いい名前募集中。ポットデスとかサニーゴがいやすぎて作った。あいつらと対面した時ほぼ確実におにびを撃ってくるのでどや顔であくのはどう撃ってる。気持ちいい

 

f:id:Ibuki_poke:20200105000310j:plain

バレット
カマスジョー@いのちのたま
すいすい/ようき/H4 A252 S252

進化したことでウッウに食われなくなったうちのパーティのエース。ダイマックス切ってダイストリームからのすいすい無双楽しすぎる。意外と技範囲広い。ガラルのアタッカーの中で一番のお気に入り。

 

戦績

結果12戦、8勝4敗でした。
僕が出したとは思えない戦績ですね。ブイズに二敗してるのでサットンがアメリカに帰った今でもブイズに苦しめられるとはね。成長できてないっすわ。

構築ががばがば過ぎて構築とは言えないただのパーティです。参考にはなりません、ご注意ください。

 

最後に

いつもはららマジについて変態的な紳士的な会話を楽しんでいる方々とこのような形で交流できたのはとても楽しかったです。みなさまお疲れさまでした!

 

それでは次回更新日まで

いぶきでした!

C97レポート

f:id:Ibuki_poke:20191229191952j:image

大好きなのはひまわりの種、いぶきです
とうとう僕もランクマッチでスーパーボール級に行くことができました。僕らしくない?知ってるよ僕が一番驚いてるよ。カマスジョーが強かった

さて、今回のブログは2019/12/28~31の間に行われる(行われた)コミックマーケット97(通称コミケorC97)の二日目に参加してまいりました。宣言通り、今回はそれのイベレポですね。

 

コミケとは?

このブログを読んでいる方のほとんどはご存じかと思いますが一応軽くコミケの説明を。コミケというのは日本最大級の同人誌即売会であり、一部では日本で一番お金が動くイベントだともいわれていたりするイベントです。僕はコミケは「趣味のぶつけ合い」だと思ってます。自分の好きなものを自分の好きなように表現して、それに共感した人たちが彼らが表現したものを買う。そんなオタクの祭典。

 

当日の動き

まずは僕の当日の動きを。

4:00、起床。
家を4:45に家を出て自宅最寄りの始発に乗り、5:50頃コミケ会場である東京国際展示場の最寄り駅の東京テレポート駅に着弾。会場までの待機時間、ずっとポケモンをしてました。レイドが二周できましたね。キョダイカビゴンめんどくさい。

f:id:Ibuki_poke:20191229192048j:imagef:id:Ibuki_poke:20191229192053j:image

10:00、開場。

f:id:Ibuki_poke:20191229192108j:image
朝起きてから6時間、ようやく会場内に入ることができました。目指すは南館3。もちろんひよポケというポケモンサークルに所属している身なので今回の目標コンテンツは決まっています。

 

f:id:Ibuki_poke:20191010135127p:plain

ららマジです

いや、だってさ。公式がグッズを出してくれないんだよ? ポケモンは公式からの供給が十分あるでしょ? こっちは二次創作に頼るしかないんですよ……。と、いうわけで

f:id:Ibuki_poke:20191229192145j:image

ららマジ島にあった商品、片っ端からすべて買ってまいりました。

意外とお金かからなかったですね。満足満足。そしてみんな可愛い。

そしてこちらは僕の大好きな絵師さんであるponoさんにイラストを描いていただきました。一生大切にします。本当にありがとうございました。

f:id:Ibuki_poke:20191229192237j:image

ちなみに僕がたまに着てる通称「ゴミ袋Tシャツ」もponoさんが作ったものです。今回も東奏市ゴミシリーズありましたのでもちろん買いました。

f:id:Ibuki_poke:20191229193527j:image

コスプレエリアもすごかったですね。写真は撮れなかったのでぜひみなさんツイッターで「#C97コスプレ」で検索してみてください。

今回も夏同様楽しかったです。サークル参加の皆さん、一般参加の皆さん、お疲れさまでした!

f:id:Ibuki_poke:20191229194327j:image
f:id:Ibuki_poke:20191229194324j:image

 

最後に

過去にコミケでこのような名言を残した方がいます。

f:id:Ibuki_poke:20191229192905j:plain

前述したように、コミケとは自分の趣味を表現する場所。そしてまたそれが否定されずに受け入れられるのがコミケ。二次元が好きか三次元が好きか、それどころかオタク非オタ関係なしに一度は空気を味わってみてはいかがでしょうか。

 

次回更新日はきっともう2020年になってますね
それでは次回更新日まで!
いぶきでした!