いぶきのひよポケオタトーク

基本的にはとあるポケサーのオタクの一人語りです

ポケモンの楽しみ方

英会話の授業でオタクスピーチをやったら教室がお通夜になりました、いぶきです

 

僕はもちろんそうですし、おそらくこのブログを読んでくれているであろう人達の中にも大学の「ポケモンサークル」に所属してる人がいるのではないでしょうか

ポケモンサークル」、略して「ポケサー」というのは、名前の通りポケモンを楽しむための大学サークルです

ポケモンという共通の趣味を持ったポケモン好きが集まって交流し、ポケモンを楽しむ、一種のオタサーですね

 

ではこのポケサーにおける「ポケモンを楽しむ」ということはどういうことでしょうか

ボケモンほどのビッグコンテンツは世の中そんなにないでしょう

ゲームがこれだけ続くだけでなく、紙媒体でカードとしても展開していき、専門店ができて、更には世界大会を開くほどポケモンは爆発的な人気を誇っています

 

そしてこれこそが超パワフルコンテンツの特権というべきで、ポケモンの楽しみ方は無数にあります

ゲームバトルをガチる人、ポケモンを愛でる人、ポケカでカードをぱちぱちする人、グッズを集める人など、人の数だけポケモンの楽しみ方があるとも言えましょう

それではここからいつものオタトーク、僕のポケモンの楽しみ方を紹介したいと思います

 

何回も言いますが、僕は結構なポケモン素人なんです

こんな偉そうなブログ書いてますけど実は中々のにわかで、今現在やってるウルトラムーンの前にやってた作品はプラチナです

プラチナとかダイヤモンド/パールってもう10年も前の作品なんですね、ビックリです

そして四月から満を持してゲームのポケモンに復活し、初めて厳選作業というものをして、強い個体を作る楽しみを知りました

でも以前の投稿でもでも言ったように、僕はそこまでバトルガチ勢ではありません

自分が1から作ったダブルパーティがあるのですが、勝つことよりも自分がやりたいことを優先したあまり勝率はフリー対戦で5割ほど(いつか紹介します)

以前話したようにレート戦で使ったシングルパーティは勝率は25%

ただ自分が好きなポケモンを好きなように楽しんでます

カードも同じです、強いデッキを使うよりも好きなデッキを使っているので必然的に絶対に勝てない相手が出てきます

こんな一般的には「弱い」思われてるものしか使ってない僕ですが、それを使ってたまーに勝つことができます

ポケモンの素晴らしいところはソーシャルゲーム等と違って絶対的な弱キャラがいない所でしょうか

だから運が良ければ多少弱くても勝てちゃったりするんです

そうやって自分のパーティやデッキで勝った時が最高に気持ちよくて嬉しいんですね

自分が弱いからこそ、勝つことが当然じゃないからこそ、一つ一つの勝利で素直に喜べるんです

弱者の特権ですね(๑• ̀ω•́๑)✧ドヤァ

サークルのメンバーに言われました、「お前が作るポケモンネタしかいねぇもんな笑」

それに僕は堂々とこう答えましょう

「自分が好きなポケモンを使って何が悪い!!」

僕の戦績的にも全敗じゃないのでネタポケでもバトルは勝てるんですよ?(*´ω`*)

やはりシロデスナですかね〜

あとは新歓合宿で切り札となってくれたアマルルガですね

この2匹は推していきたいですよ僕は

f:id:Ibuki_poke:20190611181623j:imagef:id:Ibuki_poke:20190611181740j:image

(1枚目:うちのシロデスナのメモリー

2枚目:うちのアマルルガのオーロラ君)

 

それ以外でも8期の中では結構図鑑を埋める作業を頑張ってる自覚があります

うちのいとこが図鑑をコンプリートしてたのに感化されて今結構頑張ってます

 

ポケモンの楽しみ方って人それぞれで、だからこそいろんな世代の方に好かれてる一大コンテンツなんですかね

 

結論ゴンチャの烏龍ミルクティ甘さ普通氷少なめトッピングパールはきなこもちの味がする、ってことですね

 

それでは次回更新日まで

いぶきでした!!